バスト・グロウの術後経過

処置直後から当日
バスト・グロウの処置当日は、入浴を念のためシャワーにしていただく以外は、特に何も制限はありません。バスト・グロウは、処置が終了したら、そのまますぐに帰宅していただけます。その際、注射した個所には、テープやガーゼを貼ってありますが、シャワーを使用するときには、ご自身でそれらを取り外していただきます。シャワー使用の際にも特に制限はなく、ボディーシャンプーや石鹸を使用していただいても一向に差し支えありません。注射を行った直後ですので、バストに触れると、多少の違和感が生じるかもしれませんが、激しい自発痛やしびれを感じることもありません。

翌日以降
バスト・グロウは、手術ではなく、注射のみの処置ですので、痛みなどによって行動が制限されるようなことはありません。ただし、あくまでも針を使用する皮下注射ですので、内出血による皮膚の変色のリスクは存在します。内出血の症状としては、それが発生したところやその周辺が、紫色に変化することがあります。しかしその色も、約1週間後には緑色が主体となり、そのまた1週間後には、黄色に変化して消失します。皮下内出血の症状が出ても、経過を経て、必ず変色は消失しますので、心配は要りません。これは、医学・医療である限り、100%ということができる事象が非常に少ない中で、その数少ないもののうちの一つです。

術後2週間目
この頃になると、胸からは処置による内出血も消失し、何もなかったかのような状態です。バストに関しては、処置直後の、麻酔薬を含んだ成長因子の注射液が入っている状態から、それが周囲に吸収されて、ちょっと気のせいか、小さくなってしまった感覚があるかもしれません。しかし、その間、乳腺の方はハリが増し、一度、月経が始まります。この月経は、成長因子と同時に注射したホルモンの働きによるもので、性周期が完全に狂ってしまったものではありません。再び予定の日付になれば、月経が開始され、元の周期に復帰します。

術後2か月までとそれ以降
バスト・グロウの効果が発揮され、徐々に豊胸効果が現れます。バスト・グロウは、挿入したり注射したりした物の体積によって豊胸効果を出すものではなく、バストの皮下組織と乳腺の発育を促す処置です。したがって、豊胸効果は処置直後に現れるものではなく、ゆっくりと時間をかけて、出てきます。バスト・グロウの効果は、平均的には、3回の処置でブラジャーのサイズにして約1カップ程度の豊胸が可能とされています。また、回数を重ねるほど、バストが大きくなっていく過程が長く続き、その効果も大きくなっていく傾向があります。