バスト・グロウ豊胸術の術後経過

スポーツをするのはいつから可能?

Q:普段の生活は特に制限がないということですが、激しいスポーツはいつから可能ですか?

A:スポーツは、自己判断で行って頂いて結構です。極端な話、バストグロウの処置を受けた当日でも、構いません。早くスポーツを始めたからと言って、効果が弱くなったり、術後の痛みが強く出ることはありません。ただし、注射を行った後ですので、バストの皮膚には見えないくらいの針穴があります。そこで、念のため、たくさんの汗をかくような激しいスポーツは、術後3時間後程度に始めることを推奨しています。また、術中に使用する麻酔薬の血中濃度が最高に到達するのが、術後6時間程度ですので、競技中の安全のため、無理をしないようにしてください。バストに強い衝撃や圧迫を加えるようなスポーツは、その開始時期について、担当医に相談してください。

入浴できるのはいつからですか?

Q:バストグロウを受けた後、入浴できるのはいつからですか?

A:当日から特に制限はありません。しかし、本当に念のためなのですが、当日はバストの部分はシャワーのみにしていただいています。それは、手術ではなく注射だけとはいえ、どうしても皮膚には針穴が存在するからです。そこからお湯が入って感染するようなことは、通常の健康状態ではまず考えられないのですが、念には念を入れての、シャワーのみの使用の推奨であると理解してください。勿論、洗髪やボディシャンプーの使用については、針孔を強く擦らない限りは、制限なしです。

バスト・グロウは、何か特別なブラジャーが必要ですか?

Q:バッグを使う豊胸手術の場合には、ブラジャーをしてはいけない期間があったり、ブラジャーを着用できるようになっても、特殊なブラジャーやワイヤーなしのブラジャーを使ったり、特別に帯を巻いたりと、色々な制限があるようですが、バストグロウの術後は、何か特別なブラジャーの着用などが必要ですか?

A:特殊なブラジャーは全く必要ありません。脂肪注入やバッグを使用した従来の豊胸手術とは違い、処置の直後から、ブラジャーの制限はありません。普段使用している物を使っていただけます。当然、特別な専用のブラジャーを購入したり、ワイヤーの入っていないブラジャーを新しく購入したりする必要はありません。また、ブラジャーの着用が禁止される期間なども、ありません。但し、処置直後は、麻酔薬や本体の薬液によって、バストが大きくなっていますので、その分、無理に押さえたりして、バストを変形させるようなブラジャーの着用は、術後の痛みなどの原因になることがあるようですので、サイズについては、無理のない範囲で止めることが賢明かもしれません。

生理の時に胸が張る状態でも大丈夫なのか?

Q.生理の時に、いつも胸が張る感じがするのですが、バストグロウの処置を受けても大丈夫ですか?

A.バストグロウの処置を受けていただくことは、問題ありません。簡単に言うと、ホルモンの影響で乳腺が腫れるため、生理の時に胸が張る感じがあるのです。ホルモンが、そのように人体の組織に作用するときには、むしろ成長因子が組織の増大に関与している場合が多いと言えます。したがって、場合によっては、バスト・グロウによって、生理の時の胸の張りのような感覚が出ることがあります。しかし、その場合でも、胸が張るような現象は、あくまでも一時的なのもです。そのように、周期的に胸が張る感覚を繰り返しながら、バストが成長していくというのもまた、バストの正常な成長過程です。

乳がんのことが心配

Q.将来、乳がんになりやすくなったりしないですか?

A.バスト・グロウの成分には、発がん性はありません。実際に、発がん物質指定されているものではありません。その主成分である成長因子は、自然の状態で、人体に含まれている物質です。したがって、人工的に新しく作った化学薬品のように、それが体内で発がん性を発揮すると言うことはありません。
しかし、バストグロウに使用する成長因子は、組織を増殖させる働きがあり、その働きを以って、乳腺と皮下脂肪を増殖させます。そこで、既に乳がんを持っている場合には、乳腺と同時に乳がんも成長させ、病状を進行させます。乳がんについて不安がある場合には、乳がん検診を受けてから、バストグロウの施術を受けていただくことをお勧めします。

脂肪注入豊胸術のように「しこり」にならないのか?

Q:脂肪注入の豊胸術のように、シコリになったりしませんか?

A:バスト・グロウは、脂肪注入のように、脂肪でバストを盛り上げるものではありません。乳腺と皮下脂肪が成長して、体積を自然に増加させてくるものです。したがって、脂肪隗の中心部壊死を伴うことによって発生する、脂肪注入でのシコリを作ろうとしても、シコリになりようがありません。但し、バストグロウFの場合には、注射本体の薬液が長く留まることから、それをしこりのように感じることがあります。

バスト・グロウの効果の持続

Q:バスト・グロウの豊胸効果はどれくらい続くのですか?

A:バストグロウは、ヒアルロン酸やプラズマジェル(PPP)などのように、何か吸収されるものを注入して盛り上げることで豊胸効果を創出する方法ではありません。自分の乳腺と皮下脂肪が成長して増える注射ですので、理論的には効果は永久です。しかし、出産・授乳・加齢・老化・ダイエットなどによって、生身の人間のバストは変化します。したがって、このような自然の変化というものは、人工物を使用していないが故に発生します。