バストグロウ豊胸術・その他

特許

Q:バストグロウは特許技術なのですか?

A:いいえ。バスト・グロウは、医療行為ですので、特許技術ではありません。医療行為が、特許を取得できないのは、特許庁の特許審査基準に、明確に示されて、拒絶対象となっています。

人間を手術・治療・診断する方法(医療行為)
(1)手術方法外科的手術方法、採血方法、美容・整形のための手術方法、手術のための予備的処置など
(2)治療方法投薬・注射・物理療法等の手段を施す方法、人工臓器・義手等の取り付け方法、風邪・虫歯の予防方法、治療のための予備的処置方法、健康状態を維持するためにするマッサージ方法、指圧方法など
(3)診断方法病気の発見等、医療目的で身体・器官の状態・構造など計測等する方法(X線測定法等)、診断のための予備的方法(心電図電極配置法)などhttps://www.jpo.go.jp/resources/shingikai/sangyo-kouzou/shousai/tokkyo_shoi/document/seisakubukai-01-shiryou/tokkyo_6.pdf

外国、特にアメリカでは、医療行為で特許を取得できます。しかし、技術を独占できるという性格のあるものではなく、方法と発明者の名前が、政府に認定されるという程度のものでしかありません。また、EUでは、医療行為の特許取得ができません。日本では、上記の特許法の運用で、特許申請が拒絶され、特許を取得できないようになっているのですが、たとえ医療行為として取得した特許でなかったとしても、医療行為の中で行われる限りは、特許の効力が及ばないようになっています。例えば、ある薬とある薬を混ぜて、新しい薬を作る方法の特許などは、調剤行為と重なるのですが、これには特許の効力が及びません。

特許法 第六十九条3 二以上の医薬(人の病気の診断、治療、処置又は予防のため使用する物をいう。以下この項において同じ。)を混合することにより製造されるべき医薬の発明又は二以上の医薬を混合して医薬を製造する方法の発明に係る特許権の効力は、医師又は歯科医師の処方せんにより調剤する行為及び医師又は歯科医師の処方せんにより調剤する医薬には、及ばない

以上のことから、バストグロウで特許を取得するとするなら、創薬(新しい薬を創ること)の配合として特許を取得し、別会社に、特許使用料を支払う方式を取るという、あくまでも内部でのやり取りで、医師個人や医療法人の、節税・資産隠匿の効果しかないということです。