高生着率脂肪注入豊胸術で、体型のバランスを一気に整える 3

バストへの脂肪注入量の限界ですが、これは手術を受ける患者さんの、元々のバストの状態に大きく左右されます。

例えば、アンダーバストが大きくて、胸郭の幅が広い場合には、一度に多くの脂肪を注入することが可能です。また、皮膚に余裕がある方の場合には、比較的多くの量の脂肪注入が可能になります。では胸郭が狭く、皮膚に余裕がない方の場合には、脂肪注入ではあまりバストを大きくできないということですが、そうでもありません。その場合には、脂肪を数回に分けて注入することで、注入するたびに少しずつ大きくしていくという方法を用いればいいのです。手術の回数は増えますが、しこりになる確率は非常に低くなり、そういった面での安全性は向上します。これは、皮膚の下に風船を挿入して少しずつ膨らませていき、足りない皮膚を伸ばしていくティッシュー・エキスパンダーという方法と、理論的には同じです。