バストグロウ12回施行のうち9回目

しかし幸いにして?バスト・グロウの場合には、HARG療法とは違って、成長因子の配合を間違っても、バストは小さくなりません。

この場合、バストは小さくはならないのですが、大きくもならないということです。毛髪とバストの組織との違いは、毛髪があくまでも体外の組織で、現在の医学的常識からすれば、組織からの分泌物とでもいうべき存在だからです。毛髪は、毛根の毛母細胞で作られ、それが毛孔(毛穴)から皮膚の外に向かって伸びているものです。これに似たものに、爪がありますが、発生学的には同様のものとされています。それに対してバストの場合には、この分泌物には相当せず、分泌物を作るところそのものであるということができます。毛髪の場合に当てはめると、バストの組織のうち、乳腺が毛根に相当し、母乳が毛髪に相当すると考えられます。つまり、同じように美容的な治療効果を期待するものであったとしても、毛髪とバストでは、その比較対象が全く違うということです。したがって、成長因子に対する反応も、バストと毛髪とは全く違ったものとして評価するべきとなります。