エラの角は勿論、正面から見た顔も小さく

「正面から見たときの、顔の幅を細くしたい」という希望の、20歳代半ばのモニターさんでした。 診察の結果、やや受け口気味ですが、歯列は整っており、歯槽骨の突出は軽度です。

しかし、やはり下顎骨の大きさは、全体的なものがあり、そのため、エラの角も、横幅も大きな状態でした。この場合、エラの角を取ることだけでは、顔の幅の問題は解決しません。したがって、エラから顎の横の部分の骨までを、骨を斜めに切って薄くする、外板切除という技術を使うことが必要です。 エラの角の部分から顎の横にかけて、外板だけでなく、内板も同時に一気に切除するのも一つの方法です。しかしその場合、十分な効果を出そうとすると、下顎骨の体積が小さくなりすぎて、外力に対して脆くなることが懸念されます。具体的には、ぶつけたり、歯科処置の際に、顎の骨を折ってしまうということです。また、将来的に、インプラント処置が必要になった場合も、インプラントを埋め込めるだけの骨の量が不足することも、考えられます。そこで、外板の切除によって、下顎骨の体積を確保しながら、正面から見たときの顔の幅に対して、十分な効果を出せるようにするということです。