バストグロウ12回施行のうち11回目

そこで、バスト・グロウで上手く豊胸作用を獲得するためには、この、細胞外マトリックスによる細胞の分化・分裂の調整機能を理解していないといけません。

つまり、この細胞外マトリックスには、成長因子の貯蔵能を通じて、組織内の細胞の分化・分裂に対して調節機能を有しているということです。この細胞外マトリックスから、組織内の幹細胞をはじめとした、分裂能を有する細胞が成長因子を受け取ることになります。したがって、この細胞外マトリックスの中を十分に満たす程度まで成長因子の濃度を上昇させ、それを保つ必要があります。そのためには、注射する成長因子の量と、その、細胞外マトリックス内での濃度変化について十分に検討しておく必要があります。実際、これらを見誤ると、注射する成長因子の量が不足していたり、大量の成長因子を注射したにもかかわらず、バストの成長が得られず、豊胸効果を獲得できなかったりすることが発生します。
医学・生物学・生命科学の分野は、薬剤やそれらの体内での働きというものが、全て正確に解明されているわけではありません。しかしながら、日夜、膨大な研究・実験が行われていて、今までわかっていなかったことに関する発見や、これまでの仮説の検証がなされていっています。特にこのバスト・グロウに関する分野でもある再生医療というものは、研究者の人数も多くなり、学際的な分野として、日々発展していっています。そして、成長因子の働きも、発見された当初の作用の他にも、様々な作用が発見され、それらの用途に関しても、いろいろな応用がなされるようになってきました。このように成長因子の作用も含めた再生医療の研究は日々進歩しているわけですが、それらの研究成果は、臨床応用と言われる実際の治療に使用されるまでは、多くの研究結果を紡ぎ合わせ、そして治療理論を構築し、治験され、そして一つの治療法として確立されていきます。つまり、臨床応用というのは、そのベースになる多くの基礎的な実験・研究成果を統合・取捨選択したものであり、言い換えれば、一つの治療技術を、無数の基礎医学研究成果が支えていると言えるのです。