顎を短く・小さく4

現在の顎を短くする手術は、前述のように、「中抜き」と「単純切除+筋肉縫合」の2つがあります。そして今は、 「単純切除+筋肉縫合」が多くなってきています。それはやはり、顎の先端の形まで変えたいという希望が多なってきているためです。

「中抜き」の場合には、顎の先端の形はそのままで、顎を短くしたり、後ろにずらしたりといったことになります。一方、「単純切除+筋肉縫合」の場合には、顎先の形を、比較的自由に変更できます。また、顎を短くする手術は、その顎が短くなった分、顎が太く見えてしまうようになってしまうことがあるため、それを防止するためには、顎先を細くできる、「単純切除+筋肉縫合」 が有利なためです。また、顎を、より細く小さく見せるテクニックというのも、「単純切除+筋肉縫合」なら、使用できます。顎の先端から横の部分までの外板切除という形の手術です。このテクニックは、エラの手術の時に、エラの前方に使用するテクニックと同じで、この手術を加えることで、顎の先端は丸みを帯びながら、さらに細い顎が出来上がります。つまり、より女性らしい、きれいな輪郭が創造できるのです。このテクニックを加えずに顎を短くする手術を行い、顔の輪郭が四角くなってしまった他院の症例を何例も修正しました。それらのほとんどが「中抜き」のみや、顎先の単純切除のみが行われた症例で、顎先が太くなったことで、顔面の輪郭が四角く見えるようになっていました。このような修正手術の場合には、口腔内に傷が存在し、同じところから口腔粘膜と骨膜を剥離する必要があります。しかし、再手術ということで、周辺の組織が線維化して硬くなっているため、オトガイ神経(唇の感覚を司る神経)を切断してしまうリスクが高くなります。そこで、手術においては、かなり神経を使うことにはなります。