輪郭3点(頬骨・顎・エラ)

卵形の輪郭を求めて、頬骨と、エラから顎の骨の手術を受けた、30歳代前半のモニターさんです。術前の骨ばった輪郭は改善され、顔が一回り小さくなりました。 頬骨は頬骨弓の前方と後方の両方、エラは角とその前方、顎は短くすると同時に幅を細く整えました。

もっと読む »

頬骨(後ろを小さく・前は盛り上げる)

20歳代女性のモニターさんです。頬骨の、特に横への張り出しを気にして、受診されました。手術法は、上記の、頬骨の前・後両方の手術に準じて、切開を加え、頬骨弓を内側に動かすとともに、平坦な顔面を立体的にするため、前方には、少しだけ盛り上がりを作るように、頬骨を動かしました。

もっと読む »

受け口手術と同時に、顎を細くした症例

術前の、口角が下がって「への字」に結んだような唇は、術後は口角が上昇し、にこやかな印象が出ました。この受け口の手術は、目や鼻の手術のように、まるで別人のようになれる手術ではありませんが、本人の顔立ちのいいところを十分に生かし、よりよい印象を演出することができる手術です。また、同時に顎の輪郭形成を加えれば、細い現代的な輪郭と、引き締まった口元の両方を同時に手に入れることができます。

もっと読む »

受け口の手術と同時に、顎を短くして後ろに移動

受け口の手術や、エラの手術などは、当院では基本的に全身麻酔で行います。全身麻酔を使用する理由はいくつかあります。受け口の手術の場合には、切開は口の中の粘膜の部分になります。そして、そこから骨に到達して、下あごの骨を切除したり移動させたりします。手術に際しての出血量は多くはないのですが、骨を切る操作を伴うため、それに際しての振動や音など、精神衛生上よくないことも多い手術になります。

もっと読む »

受け口手術~顔面全体に及ぶ美容効果

受け口の手術は全身麻酔で行います。手術法としては一般的に、4番目の歯(第一小臼歯)を抜歯しします。その後、その抜歯した隙間の部分の下にある骨を切除し、前歯と犬歯をつけたまま、横向きに骨を切ります。横向きの骨の切開は、切除した骨のあった部分と繋げます。その後、犬歯と前歯は、骨ごと後方に移動させます。きちんと予定の位置に移動したら、骨を固定して、犬歯と第二小臼歯の根元をワイヤーで結び、傷を縫合して終了します。基本的には、切開は口の中ですから、表面からは見えません。また4番目の歯は、歯科矯正治療の際にも抜歯することが多く、一般的には、咬合(かみ合わせ)にあまり影響のない歯であるとされています。

もっと読む »