受け口の美容外科的治療

歯科矯正では約1週間おきの通院で最低2年を要する治療を、眠っている間の手術で行います。ブレース(矯正器具)は原則的には不要です。また、矯正治療後の、口元の出っ張りや顎のラインの、外見的な不自然さも、この手術で修正可能です。理想的な咬合を創造する方法ではありませんが、顔面の下三分の一の部分の、美容的効果が大きな手術です。また、口の中からの切開で行う手術のため、表面には傷がなく、術後の痛みや腫れも少ないのが特徴です。

 

受け口治療の概要

受け口治療は大きく分けて歯科矯正治療と外科矯正治療があります。勿論、それらを組み合わせて行うこともあります。咬み合わせをを理想的なものにしたい場合や、顎関節などに異常があり、咬み合わせから治療が必要な場合には、これらを組み合わせた治療を行うほうがいいでしょう。ただし、正常な咬み合わせであれば、理想的な咬み合わせまでは必要ではない場合、外科矯正治療としての美容外科的治療を優先される方が多いのも現実です。

受け口の歯科矯正治療

これは、矯正用のブレスを装着し、歯の向きを内側に倒したり、歯の位置を少しづつずらしていくことで、受け口の症状を改善する方法です。2週間に1回のブレス締め直しのための通院をして、平均で2から3年かけて歯の向きや位置を変えます。ブレスの締め直しの際や、その後数日間の歯痛や頭痛などが生じることもあります。そして、ブラッシングをしっかりとしないと、虫歯や歯周病を誘発することもあるため、担当医の指導に従って、しっかりとケアすることが大切です。そしてそれらを、数年間断続的に我慢しつつ行うといった、長期間の治療になります。痛み等で途中でやめてしまうと、受け口の症状も元に戻ってきます。原則的に、歯科医師からの終了という指示があるまで、続けなければならない治療になります。
歯科矯正では口腔内全般を考慮し、咀嚼機能を重点的に改善させ、歯並び自体も理想的な咬合を目指して治療がなされます。そのことによって、顎関節症の治療や、その他咬合に起因する各種疾患の予防、歯列が悪いことによる歯周病の予防など、多くの歯科的疾患に対して、治療や予防効果を発揮します。
しかし、歯科矯正治療は、あくまでも歯の向きを変えたり、位置をずらすことが主体の治療になります。口をしっかりと閉じることができない状態、不機嫌に見える口元の表情、口が自然に開いてしまう状況などは、歯並びの問題とともに顎の骨の形態によるものである可能性も高いため、改善しない可能性があります。更に、骨格は変えていませんので、下唇と顎先の間のくぼみが形成されません。このことによって、横顔のイメージ(下あごが前に出ているというイメージ)は変わらない可能性があります。

受け口の美容外科的治療の特徴

外科治療は、全身麻酔を使用し、骨格から受け口の症状を修正します。口腔内からの手術ですから、顔面にキズが残ることもありません。下顎が、歯茎とその下の骨ごと引っ込むので、同時に横顔のイメージも変わります。これが、歯科矯正よりも、外科矯正が美容的に優れている理由の一つです。

手術の方法としては、まず前歯から数えて4番目または5番目の歯を、どちらか左右1本づつ、合計2本抜きます。歯を抜いた分だけスペースが生じますので、そのスペースの分を、下顎ごと前歯を後ろへ下げる治療です。歯を抜くことが少し心配かもしれませんが、歯科矯正の場合でも、必要に応じて、4番か5番のどちらかを抜くことが多いです(歯をずらすスペースがないと、矯正もできません)。前歯を下顎の骨ごと後ろへ下げますので、今まで唇を押し出していた骨格が後退することになり、受け口の症状とそれに伴う口元の形態改善が見込めます。これにより、口元もしっかり閉じることが可能になり、口をしっかりと閉じることができない状態、不機嫌に見える口元の表情、口が自然に開いてしまう状況などは改善するでしょう。また外見上、口角が上昇した状態になります。通常は、4番か5番のどちらかの歯を抜きますが、受け口の程度が激しい場合、両方の歯を抜き、大きく下げていくことも可能です。手術の程度に関しては、ご希望と現在の状況によって変わりますので、術前にご案内いたします。

外科矯正でも歯科矯正でも、どちらの治療法でも歯を抜くことになりますが、元々4・5番の歯は、食べたり話したりという機能に支障をきたさない歯です。通常、抜いても大きな問題はありません。
以前に歯科治療を受けられていて歯を抜いている方の場合、残っている歯を抜いてスペースを作ることや、歯と歯の間を詰める形で、手術を行うことがあります。

受け口手術の平均的術後経過

  • 手術当日―入院(1泊のみ)
  • 翌日―退院(正午までには退院できます)メイク可
  • 3乃至4日目―口腔内チェック(流動食から軟菜食に変更・歯磨きは上顎のみ許可)
  • 7日目―口腔内チェック(通常食・歯磨き許可[ただし、硬い食べ物は不可) 腫れは70~80%退いている
  • 2週間目―口腔内・経過チェック
  • 1ヶ月目―口腔内・経過チェック
  • 3ヶ月目―口腔内・経過チェック この後、咬合など、歯科的な処置を行うことができます。