乳房切除+乳頭縮小術

乳房切除と乳頭の縮小を同時に行った、F to M(女性から男性へ)のモニターさんです。写真は順に、術前・術後1か月目・術後3か月目です。術後3か月目で傷についてはほとんど落ち着いた状態ですが、この後、もっともっと目立たなくなっていきます。 

もっと読む »

乳輪のみの切開

乳輪からのみの切開の場合、傷が目立たず、術後の見栄えが非常にきれいです。 

しかし、この方法での手術が可能なのは、バストのサイズが比較的小さく、皮膚の弾力性がある方のみになります。バストのサイズが大きい場合や、皮膚の弾力性がない場合には、この方法で乳腺を切除すると、皮膚が余って、垂れ下がった胸になってしまいます。その場合には、乳腺と一緒に、皮膚を一部切除することが必要になりますので、乳輪のみの切開では、乳房の男性化を行うことはできません。

もっと読む »

乳頭縮小術

手術の方法は、高さ・直径・形などによって様々な方法があります。特に、これから授乳の機会が考えられるかどうかは、手術法の選択にとって、大きな要素となります。それは、乳頭は乳管(母乳を乳腺から外に分泌させる管)の集まりだからです。この乳管を塞いでしまっていいものかどうかは、これから授乳の機会があるかどうかによることは、容易にお分かりかと思います。乳頭縮小術の手術方法の選択に際しては、乳管を塞ぐかどうかということの他に、「どのような形にしたいか」または、現在、どういった形をしているかといったことも、考慮しなければなりません。

もっと読む »