目の下(下瞼) 50歳代女性

WPRPFの場合には、注射処置だけですので、組織の破壊が、手術とは比べ物にならないほど小さく、注射に伴う水分が拡散・吸収されれば、すぐに腫れがなくなります。しかも、WPRPFの場合には、組織の修復に働く成長因子が主成分ですから、その分、腫れの退きが早いということができます。

もっと読む »