首の横しわ2

WPRPFは、自分の血液を主原料にした、皮膚の再生治療です。採血の後、その血液から成長因子を取り出し、そこに成長因子をさらに強化するという、非常に強い皮膚の再生能力を持った注射液を使用します。

もっと読む »

目の下

WPRPFと普通のPRP(多血小板血漿)の違いは、従来のPRPよりも効果が出現するのが早く、術後約2週間程度で効果が出現し始めます。また、WPRPFには、血小板だけでなく、さらに成長因子(細胞増殖因子・グロースファクター)を添加していますので、強力なPRP(多血小板血漿)療法となっています。

もっと読む »

目の下(下瞼) 50歳代女性

WPRPFの場合には、注射処置だけですので、組織の破壊が、手術とは比べ物にならないほど小さく、注射に伴う水分が拡散・吸収されれば、すぐに腫れがなくなります。しかも、WPRPFの場合には、組織の修復に働く成長因子が主成分ですから、その分、腫れの退きが早いということができます。

もっと読む »