埋没法(ダブルクイック・ツイスター法)DST

ダブルクイックツイスター法(DST)の症例写真(20代の女性モニターさん)
もともと奥二重瞼で、メークで目を大きく見せていました。
潜在的には目が大きいのですが、奥二重瞼のため、目を開いたときに、睫毛が生えているところまで皮膚がたくさんかぶってきて、目が小さく見えていました。また、習慣的にアイプチをしていたため、瞼の皮膚が伸びてしまっていました。

もっと読む »

眼瞼下垂(若年者)

「はっきりとした、くっきり二重」希望の、20代前半のモニターさんです。
術前は、眼の開きが弱いため、眉毛を上昇させて目を開く癖がありました。
そのため、通常の切開法では傷が目立ち、DST(ダブルクイックツイスター)をはじめとする埋没法では、くっきりとした二重は望めません。

もっと読む »

目頭切開

目頭切開の手術は、切開創が比較的小さく腫れも少ないことから、埋没法の二重瞼の手術などと同時に行われることも多い手術です。しかし、埋没法とは違い、元に戻したいときに元に戻すのは、方法によっては、困難になってしまう手術です。特に、従来の目頭の皮膚を切り取ってしまう方法では、蒙古ひだを再建しようとすると皮膚が不足するため、上瞼や下瞼から皮膚を持ってくることが必要となり、目頭以外にも切開を必要とします。

もっと読む »