エラの角から前方まで5

アングル・スプリッティング法は、利点は、顔の幅に影響している、エラの骨の、横向きの張り出しを改善できるということと、内板を残すことで、下顎骨の強度を保存できるということです。

そして、欠点は、骨のギザギザと、咬筋の萎縮が得られないということです。
当院では、利点を生かし、欠点をなくしていこうとしました。

当院の方法は、具体的には、これまでのエラの角に対する全層切除と、アングル・スプリッティング法を組み合わせたものです。咬筋の委縮を得るためには、エラの部分は外側の骨皮質(外板)だけでなく、内側の骨皮質(内板)も切除しないといけない。しかし骨の横への張り出しを減少させるには、外板の切除も行わなければならないということですので、エラの角に対する全層切除と、アングル・スプリッティング法を組み合わせました。まず、エラの角から顎付近まで、細長く骨を外板から内板まで全層を細長く切除(全層切除)します。その後、外板を、「アングル・スプリッティング法」に準じて、やはりエラの近くから顎付近まで取り除きます。このようにすると、エラの角の部分は、最初の全層切除による切除面が保たれ、削って滑らかにしやすい前のほうは、やはり削れます。そのことで、ギザギザにならず、骨の外側への張り出しも減少し、しかも術後は咬筋の委縮も得られるのです。勿論、全てを全層切除で行うのに比べて、下顎骨の強度も保たれます。