受け口手術と同時に、顎を細くした症例 2

顎が出ているわけでなくても、受け口独特の顔つきと言うものがあるのを、ご存知でしょうか?受け口特有の顔つきと言うのは、やはり口元に現れます。具体的には、唇とその下の顎の形態になります。

唇とその下の顎の形態が、顔の全体的な印象に与えるものは、やはり美容的には、マイナスのイメージとなります。

受け口の状態の場合、唇に関しては、力を入れないと、それらをしっかりと結んで閉じることが困難な場合が多いと言えます。唇に力を入れないと、通常の状態では、ぽかんと口を半開きにした状態ということです。また、唇に力を入れて、しっかりと口を結ぶと、唇の形はへの字になり、口角は下がり、筋肉の無理な収縮によって、顎には梅干状のシワが入ります。そうすると、顔の全体的な印象としては、活力のない印象か、または、不平不満を湛えた印象になると言うことができます。これらが、受け口特有の顔つきであり、美的観点からは決して良いものではないということができないわけです。