首の横しわ1

30歳代半ばですが、首の横向きのしわの改善を希望して、WPRPFを受けたモニターさんです。元々のしわ自体は、そんなに深くなく、むしろ浅くて気にならないくらいなのですが、首の動きに応じて深くなるため、治療対象となりました。

この、首の動きに応じた首の横じわですが、WPRPF以外には、ボトックスで治療することも可能です。しかしながら、ボトックスの場合には、その効果が約4カ月と短く、しかも、多くの単位数の注射が必要になります。多くの単位数の注射ということは、その分、費用もかさむということです。
WPRPFは、皮膚そのものの厚みを厚くすることができます。特に、真皮への効果が強いと言えます。このような働きは、ヒアルロン酸も、真皮の中に注射すれば、同じ働きになります。しかし、ヒアルロン酸の場合には、あくまでも、注射したヒアルロン酸の体積によって、皮膚を盛り上げます。したがって、ヒアルロン酸の場合には、どうしてもその硬さが真皮とは微妙に違うため、首の動きによっては、ネックレス状の線が出てしまいます。
それに対して、WPRPFの場合には、真皮そのものが厚みを増すことになります。したがって、硬さは周囲の真皮と同じで、馴染みが良いため、ネックレス状の線が出ることは、非常に稀なことです。そのため、このような、動きによって深くなるような、比較的浅いしわであっても、その治療対象とできるのです。