ほうれい線

30歳代女性のモニターさんです。当初、ヒアルロン酸の注入を提案したのですが、以前、他院にてヒアルロン酸の注入を受けていて、田んぼの畝のように、でこぼこに盛り上がったとのことで、今回はWPRPFにしたいとのことでした。

術後の写真は、まだ1カ月経過ですが、ほうれい線が浅く短くなってきています。WPRPFは、皮膚を厚くする作用があります。この作用を以って、ヒアルロン酸のように、シワを盛り上げるということができます。ただし、ヒアルロン酸のように、注射したものそのものが、皮膚を持ち上げるのではなく、あくまでも、WPRPFの作用によって、皮膚そのものが厚くなって、凹みが改善するということです。したがって、線状のシワを狙って、シャープに盛り上げるというのには、不向きです。しかし、こちらのモニターさんの経験したような、凹凸を伴う、線状の盛り上がりというもののリスクが、僅少ということができます。また、WPRPFの効果がしっかりと出るためには、皮膚が厚くなるまでの時間も必要となりますので、即効性という面は、ヒアルロン酸などのフィラーに劣る部分です。しかし、その効果の持続性ということなら、ヒアルロン酸よりも、WPRPFのほうが有利なので、本人さんの希望もあって、こちらを選択しました。結果としては、ほうれい線は少々残りが出ますが、浅くするという目的は、達成できました。

限定解除要件
副作用・合併症:成分に対するアレルギー(非常に稀)
費用:8万円