目の下のクマ

目の下のクマと言っても、その原因は、様々なものがあり、決して一つではありません。例えば、皮膚の色が原因だったり、頬の前の部分の脂肪がなくなってきたことだったり、下瞼に脂肪が飛び出してきたものだったりします。それらの中でも、下瞼に飛び出してきた脂肪については、皮膚を切開せずに、改善させることができます。

もっと読む »

乳輪のみの切開

乳輪からのみの切開の場合、傷が目立たず、術後の見栄えが非常にきれいです。 

しかし、この方法での手術が可能なのは、バストのサイズが比較的小さく、皮膚の弾力性がある方のみになります。バストのサイズが大きい場合や、皮膚の弾力性がない場合には、この方法で乳腺を切除すると、皮膚が余って、垂れ下がった胸になってしまいます。その場合には、乳腺と一緒に、皮膚を一部切除することが必要になりますので、乳輪のみの切開では、乳房の男性化を行うことはできません。

もっと読む »

乳頭縮小術

手術の方法は、高さ・直径・形などによって様々な方法があります。特に、これから授乳の機会が考えられるかどうかは、手術法の選択にとって、大きな要素となります。それは、乳頭は乳管(母乳を乳腺から外に分泌させる管)の集まりだからです。この乳管を塞いでしまっていいものかどうかは、これから授乳の機会があるかどうかによることは、容易にお分かりかと思います。乳頭縮小術の手術方法の選択に際しては、乳管を塞ぐかどうかということの他に、「どのような形にしたいか」または、現在、どういった形をしているかといったことも、考慮しなければなりません。

もっと読む »

切開法

目次 平行型希望の、蒙古ヒダとタルミを伴った症例切開法で、幅の狭い二重瞼を作成した症例 平行型希望の、蒙古ヒダ […]

もっと読む »

二の腕

二の腕の脂肪吸引を受けたモニターさんです。年齢的には20代の方ですが、ダイエットでも二の腕の脂肪だけが落ちない […]

もっと読む »

目の下(下瞼) 50歳代女性

WPRPFの場合には、注射処置だけですので、組織の破壊が、手術とは比べ物にならないほど小さく、注射に伴う水分が拡散・吸収されれば、すぐに腫れがなくなります。しかも、WPRPFの場合には、組織の修復に働く成長因子が主成分ですから、その分、腫れの退きが早いということができます。

もっと読む »

こめかみと頬前面

脂肪増殖注射を、こめかみと頬の前面(目の下からゴルゴ線)に行った、50歳代前半のモニターさんです。この範囲に、処置範囲合計で、約12㏄の増殖を行っています。術後には、ふっくらとした若々しい風貌と同時に、シミが薄くなったことも、観察されています。シミが薄くなった理由としては、配合した成長因子のうち、皮膚の正常化に働くものも、含まれているためだと思われます。

もっと読む »

輪郭3点(頬骨・顎・エラ)

卵形の輪郭を求めて、頬骨と、エラから顎の骨の手術を受けた、30歳代前半のモニターさんです。術前の骨ばった輪郭は改善され、顔が一回り小さくなりました。 頬骨は頬骨弓の前方と後方の両方、エラは角とその前方、顎は短くすると同時に幅を細く整えました。

もっと読む »