輪郭形成(エラ・顎・頬骨)5

顔面の下三分の一の幅が小さく、尖った顎にするには、多くの場合、エラの角の部分を切除し、顎をVの字にカットした後、それらの間の部分の外板と言われる部分を切り取ることになります。

下顎の骨は、手足の骨と同じく、カルシウムが豊富で硬い骨皮質が、血行豊富な骨髄を囲むような構造です。ちょうど、サンドイッチのような形をしていると思っていただければいいでしょう。そしてその骨皮質のうち、舌の方に面している骨皮質を内板、頬の方に面している骨皮質を外板と言います。これらの骨皮質のうち、顔の幅を細くするには、外板を切り取るのです。その方法を、外板切除と言い、歯根や下顎神経管を避けて、斜め内側に向かって、切除します。この外板切除というテクニックは、エラの部分だけではなく、顎先の両サイドについても応用でき、Vの字にカットする手術とへいようすれば、より大きな効果が期待できます。また、外板を切除して、内板を残すことによって、顎の骨の強度をできるだけ残sことができます。そのことで、手術の副作用の一つである、歯科処置やその他の外力に対しての、骨折の率を少なくすることができます。