目の下のクマ(くぼみ)1

目の下のクマに対して、高生着率脂肪注入を行いました。こちらのモニターさんは、40歳代後半の女性です。クマの原因が、主として「くぼみ」によるものですので、脂肪注入の良い適応です。

目の下のクマは、いろいろな要素からできていますが、大きく分けて、皮膚の要素と皮下脂肪の要素です。
皮膚の要素として、皮膚そのものの要素である余りと、色によるものです。余りはタルミや小じわになり、色は、色素沈着と、皮膚が薄いことによって、皮下組織(この場合は眼輪筋)が透過して、青黒く見えることなどがあります。
皮下組織の要素は、眼窩脂肪の突出・頬脂肪体やSOOF(眼輪筋下脂肪)の萎縮・頬脂肪体の下垂などがあります。下瞼の切開手術は、皮膚の余りによる要素と、眼窩脂肪の突出の、2つの要素を同時に改善できます。しかし、術後の回復期間が長く、なかなか手軽に受けることのできるものではありません。ヒアルロン酸の注射は、皮下脂肪の要素を改善できますが、皮下組織が透過して青黒く見えるのが、強く出てしまうことがあります。レーザーによる処置は、皮膚の要素は改善できますが、皮下脂肪の要素は改善できません。したがって、一つの要素の改善だけで、クマを完全になくすことは不可能です。しかし、「メインになる要素が何か」ということを、しっかりと診断できれば、約半分以上の改善も可能になります。
そのメインの要素が、このモニターさんの場合には、頬脂肪体及びSOOFの委縮だったわけです。写真は、順に、術前・術後1週間・術後6週間(顔面においては完成時期)になります。一回の処置で完成を目指す場合、過矯正と言って、吸収される分を見込んで、多くを注入することがあります。しかし、高生着率脂肪注入では、従来の生着率の低い方法とは違って、過矯正が必要ありませんので、術後一週間すれば、腫れによる盛り上がりが軽度です。むしろ、過矯正は、盛り上がりすぎを誘発しますので、禁忌とも言えます。
また、脂肪注入の場合には、ヒアルロン酸や、その他の注入物質とは違って、自分の組織であるため、効果は長持ちしますが、老化に伴って発生する症状も、注入した脂肪に対して同じように発生するので、永久的にそのままの状態というわけにはいきません。