頬と目の下

頬全体と目の下に脂肪増殖注射を行ったモニターさんの症例写真です。頬の前方からと目の下にかけてと、頬の側面の、合計2か所分の処置です。脂肪増殖注射は、読んで字のごとく、脂肪組織を増殖させる注射です。

もっと読む »

目の下

WPRPFと普通のPRP(多血小板血漿)の違いは、従来のPRPよりも効果が出現するのが早く、術後約2週間程度で効果が出現し始めます。また、WPRPFには、血小板だけでなく、さらに成長因子(細胞増殖因子・グロースファクター)を添加していますので、強力なPRP(多血小板血漿)療法となっています。

もっと読む »

目の下のクマ

目の下のクマと言っても、その原因は、様々なものがあり、決して一つではありません。例えば、皮膚の色が原因だったり、頬の前の部分の脂肪がなくなってきたことだったり、下瞼に脂肪が飛び出してきたものだったりします。それらの中でも、下瞼に飛び出してきた脂肪については、皮膚を切開せずに、改善させることができます。

もっと読む »

目の下(下瞼) 50歳代女性

WPRPFの場合には、注射処置だけですので、組織の破壊が、手術とは比べ物にならないほど小さく、注射に伴う水分が拡散・吸収されれば、すぐに腫れがなくなります。しかも、WPRPFの場合には、組織の修復に働く成長因子が主成分ですから、その分、腫れの退きが早いということができます。

もっと読む »

目の下のクマ(くぼみ)1

目の下のクマに対して、高生着率脂肪注入を行いました。こちらのモニターさんは、40歳代後半の女性です。クマの原因が、主として「くぼみ」によるものですので、脂肪注入の良い適応です。目の下のクマは、いろいろな要素からできていますが、大きく分けて、皮膚の要素と皮下脂肪の要素です。

もっと読む »
目の下と頬

頬骨から目の下

「昔は、タコ焼きみたいでいやだったのですが、この歳になると顔が痩せて・・・」と仰っていた40代後半のモニターさんです。
高生着率脂肪注入(成長因子併用脂肪注入)で、頬骨から目の下にかけて治療しました。

もっと読む »